imgm0576

imgm0550

imgm0551

imgm0549

imgm0554

imgm0552

imgm0601

imgm0616

 

imgm0504

imgm0507

imgm0480

imgm0431

imgm0469

14807897_1071417849594028_889483201_o

平戸オランダ茶会 ”甘美無”

400年前、この平戸に海の向こうから到着した異国の人々はきっとこうやって同じように平戸のお殿様の松浦氏と出会い、お互いの文化を交換しあったに違いない。かつて青い海は世界と通じる唯一の道、そして良くも悪くも様々な物、物語を運んできた。その町の文化が栄えるのは、異国から様々な人が来て、新たな融合があったからだ。きっとまだ見ぬ未知の世界が人々を誘惑したに違いない。

Sweet Hirado・東西百菓之図、これは400年の時を超え続く物語である。今世紀時空を超えてやってきたオランダから来た人々がもたらした新しいお菓子のアイデアは平戸と融合し新たな物語を生み出す。松浦家につたわる”百菓之図”に素晴らしい東西の文化融合がみられたように、sweet Hiradoは新たな歴史の1ページを作り上げた。ここに参加してくださった人々はその歴史的出来事の目撃者となる。
物語は続いていく・・次は東京、そして世界へ。
この旅の終わりに私たちは何を見つけるのだろうか?

“Nederlandse Thee Ceremonie in Hirado 2016”
400 years ago European people arrived at Hirado, and may have been welcomed by Lord Matsura with a celebration. 
Thee Ceremonie in Hirado is an experiment to discover what will be born when different arts are brought together,just as a new culture was born when the Europeans introduced Western culture to the Eastern people.
A decoration by a Dutch artist for the tea ceremony that is based on the rules of Japanese tea ceremony.A mixture of differences create a mysterious harmony and may also evoke a feeling of strangeness. This strangeness may serve as a catalyst for connections beyond time and space.
This tea ceremony is going to have in Tokyo, and next year to Europe.
What will we discover at the end of this journey?

 

940x280

http://sweethirado.com/