to live & to die

時として張り裂けそうな想いさえ、いつか亡くなってしまうと思えば愛おしい春、生と死が幸せなかたちで共存する