Screen Shot 2017-01-30 at 19.11.51

‘Sweet Hirado’ will be presented in a lecture by the art producer of this project, Chitose Ohchi,
and the artist Ms.Roosmarijn Pallandt and the designer of Studio Ina-Matt.
Together they made a new interpretation of the century old Japanese sweet tradition in Hirado which resulted in 24 special sweets. Please come and join us and hear the full story behind these beautiful sweets.

Time: 04 Feb. 2017 (Sat), 13:30~14:30
Place: Lloyd Zaal, Lloyd Hotel & Cultural Embassy : Oostelijke Handelskade34, 1019 BN Amsterdam
*LECTURES
with a valid entrance ticket to MONO JAPAN 2017.

All information:
MONO JAPAN:http://monojapan.nl/jp_lecture/
Sweet Hirado: http://sweethirado.com/history.html
http://www.candheart.com/content003-sh.html

 

オランダ、アムステルダムにて開催されるMONO JAPANにてイナマット、ローズマライン、そしてオオチチトセにて”Sweet Hirado・東西百菓之図”プレヴューレクチャーを行います。これは200年前、平戸のお殿様により作られた、100個の和菓子の図鑑からインスパイアされ24個の新しい解釈の菓子、平戸菓子を作り上げました。
これらの美しい菓子にまつわるお話しです。是非お越し下さい、お会いできるのを楽しみにしています。

日時:2017年 2月4日(土)13:30-14:30
場所: Lloyd Zaal, Lloyd Hotel & Cultural Embassy : Oostelijke Handelskade34, 1019 BN Amsterdam
*エントランスチケットentrance ticket

All information:
MONO JAPAN:http://monojapan.nl/jp_lecture/
Sweet Hirado: http://sweethirado.com/history.html
 http://www.candheart.com/content003-sh.html        

 

 *

“Sweet Hirado -Japan’s Island of Sweets”

In the 16th century western culture first arrived in Japan on one of Kyushu’s westernmost islands: Hirado. In 1609 the Dutch founded their first trading post in Japan bringing along many foreign products including sugar.
Through the international trade, Hirado was influenced by foreign sweets culture. The combination of imported sugar and the Chinshin School of Tea, gave rise to Hirado’s unique culture of sweets.

The “Encyclopedia of 100 Sweets”, created almost 200 years ago tells the story of the meeting of two cultures though vivid drawings of sweets. Taking their inspiration from this old scroll, Dutch designers INA-MATT and Roosmarijn Pallandt combined tradition and innovation to create a new chapter in Hirado’s sweets culture, ready to be told to the rest of the world. Together with local sweet makers and porcelain craftsmen they started on their journey to create a new sweets culture.
In this lecture the makers and the project producer Chitose Ohchi will give a preview of Sweet Hirado before it’s official European release in 2017/2018.

16世紀、西欧文化が日本国内で最も早く到着した九州。九州の最西端の島である平戸では、1609年日本初のオランダ商館が設置され、様々なものが外国から日本に伝えられました。白砂糖もその中の一つで、この砂糖の流入により、平戸藩主松浦鎮信公が立てた茶道、武家茶「鎮信流」と共に、異国の菓子文化の影響を受けた平戸砂糖菓子文化が花開くことになります。平戸藩主松浦家に伝わる、200年前に編纂された100個のお菓子図鑑「百菓之図」では、当時の東西の文化の交流の様を垣間見ることができます。

「Sweet Hirado・東西百菓之図」は、「百菓之図」から着想を得、歴史上繋がりのあるオランダと共に新たな伝統と革新のお菓子文化を創造、世界へ発信するものです。2016年にはオランダの2組のクリエーター、イナ&マットとローズマライン・パーランドットを平戸に招聘、伝統文化や自然の体験を体験し、その後平戸の菓子職人や三川内焼職人と共に新しい菓子文化の創造を開始しました。本レクチャーでは、参加クリエーターが全員集まり2017~2018年にオランダにおける発表を控えたプレヴューレクチャーとしてお話しします。

http://www.candheart.com/content003-sh.html